27/07/2018


 

「ウキンスキー・リマン」社は、1日あたり132トンの製品生産性を備えたハイテク加工施設を建設し,その施設の営業を開始した。このプロジェクトは、株式会社「コルポラチヤ・ラズウィチヤ・ダリネゴ・ワゥストカ」との合意により、高度開発「カムチャツカ」の領域で実施された。新生産の建設への投資は事前公表された額より2.2倍となり、188百万ルーブル以上に達した。

プロジェクトの枠組みの中で、総14.6ヘクタールの面積で、一つの生産工場、冷凍ユニット、ディーゼル発電所、男女のホステル、食堂、倉庫その他の生産施設が建設された。

「このプロジェクトの実施は、本当に有効のものである特典や特別扱いによって助けられました。我々は、収入税金、所有物、給与基金に対しての特典を使用しています。新しい自動化されたラインは、サーモン、レッドキャビアなどの海産物から生産される製品の安定した品質を保証することを可能にします。」と有限責任社「ウキンスキー・リマン」の経済副局長であるアルチョム・マスロフが言っている。

魚処理施設は、ベーリング海に流れ込むウカ川の谷にあるカラギンスキー地区に位置している。本居住地の本社である株式会社コルホス・イメニ・ベケレワが、1930年以来この地域で漁業を行っており、魚や海産物の生産において例外的な経験を持っていることは注目に値する。

参照 居住地「カムチャツカ」は、2015年8月28日のロシア連邦政令899号「先進的社会経済開発地域カムチャッカの創設について」により作成されたものである。本居住地には総投資額288億ルーブルの66 の投資プロジェクトが実現されている。

ニュース一覧に戻る