25/12/2018


 
“シ・ビ・エム”社はサハ共和国(ヤクチア)のダイヤモンド加工とジュエリー業界にとってビジネスしやすい環境を整えるべく、ジュエリーとダイヤモンド加工クラスターを創設している。ダイヤモンド加工クラスターはIPカンガルィスィTOR区域でインダストリアル・パークの様な仕組みとなる。総合額5憶3760万ルーブルのプロジェクトは極東発展コーポレーション株式会社との契約で記載されている日程に基づいて作業を進めている。
「第一段階の実行には既に1憶を投資している。専用道路、屋内と屋外駐車場がある総合面積1450㎡の工場と事務所の建物がほぼ完成した。現在、消防設備の建設が進行中である。我々のプロジェクトは国家予算のお金で全てのライフラインを提供してもらったことが大きな手助けとなった」と有限会社“シ・ビ・エム”のイワン・ステパノフ社長が話した。
事務所と倉庫の他にダイヤモンド加工エリアとジュエリー製造エリアを建設する予定。クラスターのレジデント法人にダイヤモンド、ジュエリー、宝石、半貴石そして人工石の加工に必要な設備をレンタルサービスも行う予定。更に、実業家と同業会の法人にコンサルティング、マーケティング、市場分析そして、製品の販売促進サービスも提供する予定。
ヤクチアダイヤモンド加工企業は2019年第一四半期に作業を開始するのが可能となる。2019年中に“シ・ビ・エム”で加工できるダイヤモンドの容量1万カラットである。
IPカンガルィスィTOR区域のレジデント法人は第二段階として展示場を建設の上、900人を雇用して国内外の市場に認定証のあるダイヤモンドとジュエリーの卸売と小売販売を行う予定。
「我々の活動で投資企業をサポートできる為に新たなツールを導入している。一つの例として、ホームページ上、オンラインで申請することが可能になった。更に、各レジデント法人がマイページを登録できる為のシステムが試行中である。マイページで管理会社のサービスを受けたり、レポートを提出したり、プロジェクト進行をモニタリングが出来たりする。更に、我々のコーポレーションは投資活動を行っている企業のサポートセンターの創設に取り組んでいる。このサポートセンターは決定したサービスを提供するのが勿論、投資家とパートナーのコミュニケーション促進を助ける活動を行う予定である。全てのサービスは無償提供となることも忘れてはいけない」と極東発展コーポレーション株式会社のデニス・ティホノフ社長がコメントした。
現在、インダストリアル・パーク“カンガルィスィ”TOR区域では極東発展コーポレーション株式会社と投資活動契約の締結の上、18社がプロジェクトを実施している。プロジェクト総合額は243憶ルーブルである。384人が新規雇用される見込み。その内の7社が既に事業を開始している。
ニュース一覧に戻る